骨粗しょう症

こんなお悩み・症状ありませんか?

  • 背中が丸くなってきた、身長が縮んだ
  • 重い荷物を持つ時に腰が痛む
  • 比較的やせている
  • 少し転んだだけなのに骨折した
  • 運動や外出の回数が以前より減った
  • 閉経した
  • 飲酒や喫煙の習慣がある
  • 偏食や極端なダイエットをしている

骨粗しょう症とは

骨粗しょう症とは

骨粗しょう症は、骨量が減少(骨密度が70%以下)して骨がスカスカの状態になり、少し転んだだけでも骨折しやすくなる病気です。主な原因は、カルシウム不足、運動不足、老化、喫煙、飲酒、閉経に伴う女性ホルモンの減少です。

進行度別の症状と危険度

  • 初期

    • 自覚症状なし

    女性は閉経後の10年で骨量が急激に減少します。50歳を過ぎたら、あるいは閉経後2~3年経過したら、骨密度検査を受けましょう。

  • 軽度

    • 背中が丸くなった気がする
    • 身長が縮んだ気がする
    • 立ち上がる際など日常生活で時々腰や背中が痛い

    半年に1回、骨密度検査を受けましょう。骨密度が80%を下回って危険水域に入っても、早期に治療開始すれば骨粗しょう症は防げます。食生活と運動習慣の見直しが大切です。

  • 重度

    • 背中がとても丸くなる
    • 身長が大幅に縮む
    • 腰や背中が痛くて立っていられない
    • 転んだだけなのに骨折する

    骨密度が70%を下回り、骨粗しょう症になった状態です。痛みを伴います。近年は骨を増やす治療も登場しています。痛いから動かさない、動かさないから使えなくなる、という悪循環に陥らないよう、リハビリも実施します。

骨折してしまうと

骨折してしまうと
  • 安静にしている間に身体機能が衰える
  • 要介護・寝たきりになる

骨粗しょう症になった後、一度骨折すると1年以内に骨折を繰り返すリスクが高まります。また、骨折の数が多い人ほど10年生存率が下がります。こうなる前に治療しましょう。

検査方法

検査方法

1.骨密度検査

当院は全身型の骨密度測定装置(DXA)を導入しております。4ヶ月に1回の頻度で、DXA法にて大腿骨や腰椎等の検査を実施しましょう。

2.骨代謝マーカーの検査

骨吸収と骨形成のバランスが崩れると骨が弱くなります。このバランスを調べる検査が骨代謝マーカーです。骨代謝マーカーの数値が異常値の場合は骨折リスクが高まる場合もあります。

3.X線検査

骨粗しょう症と他の病気を見分けるために、胸椎や腰椎などのX線写真を撮影します。骨折、変形の有無、骨がスカスカになっていないかを確認します。

治療方法

基本は食事療法、運動療法です。必要に応じて薬物療法を開始します。
  • 食事療法

    下記の栄養素を含む食品を積極的に摂取しましょう。

    • カルシウム
    • たんぱく質
    • ビタミンD
    • ビタミンK
  • 運動療法

    骨を丈夫にするには、運動で適度な負荷をかけることが大切です。さらに筋肉を鍛えると、体を支える機能やバランス感覚が向上して転びにくくなります。ウォーキングなど軽度の運動を習慣づけることで効果を実感できるはずです。

  • 薬物療法

    • 活性型ビタミンD3製剤

      腸管からのカルシウム吸収促進、体内のカルシウム量増加、骨形成の促進を図ります。

    • SERM(サーム・選択的エストロゲン受容体作動薬)

      女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きがあり、骨が壊れるのを抑制したり、骨量を増やしたりします。

    • ビスフォスフォネート製剤

      骨吸収の抑制により骨形成を促進し、骨密度を高めます。骨粗しょう症の薬物治療の中でも特に有効性の高い薬です。

必要に応じて、新しい骨を作る注射を併用することもあります。

治療後のアフターフォロー

治療後のアフターフォロー

骨粗しょう症は一生付き合っていく病気です。骨密度が80%を下回ったら検査の頻度を半年に1回に増やし、治療を再開します。治療の結果、骨密度が80%を超えたら検査の頻度を年1回に戻して休薬します。

院長からのアドバイス

寝たきりにならない健康寿命を延ばすためには、骨粗しょう症のリスクと一生付き合っていくことが大切です。過去の治療の経過も診療の重要なヒントになりますので、同じ医療機関を継続して受診することをおすすめします。当院は、患者さんの骨粗しょう症リスクに一生お付き合いするクリニックです。気軽にご相談ください。

患者さまに寄り添った診療を

神保町駅から徒歩2分の整形外科です。
お仕事帰りのビジネスマンの方も無理なく通院していただけます。

pagetop